ヘヴィ・ウェザー

Welcome! to the BlackRabbit's ZONE.


Warning: Use of undefined constant version - assumed 'version' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nonnon/br3-sensation.com/public_html/wp-content/themes/wp_material/share.php on line 14
光ディスクの寿命

光ディスク

CDとか、DVDとか、ブルーレイディスクとか、記憶メディアとして一般的に利用してると思います。
光(半導体レーザー)の反射にって情報を読み書きするから光ディスクって呼ばれるんですね。

BR3はご存知、韓ドラ大好きなおっさんでありますゆえ。
録画したドラマは、録画機器からブルーレイディスクに焼いて(ムーブ)
保管しているのです。

が。。。
先日のこと。。。

ゴソゴソゴソ・・・・
BR3「あった!あったこれこれ」
   (保管棚からお目当ての動画が入ったブルーレイディスクをめっける)
   「さぁ、iPad用データを作りまっせー!」

BR3はパソコン(Saturn)にディスクを読ませます。
Saturn「ん~~~~~ガッ!ん~~~~~ガッ!ん~~~~~ガッ!」
   「おえーーっ!」(DISK排出)
   「ちょっとぉ!ちょっと!旦那はん!!
    なに入れてくれてんのよ、コレ。
    何が書いてあるんか?さーっぱり、わかりまへんがな」
BR3「うっそーまぢで?、これ去年のヤツやで。まだ1年たってへん」
   「もいっかい、がんばりや」
Saturn「ん~~~~~ガッ!ん~~~~~ガッ!ん~~~~~ガッ!」
   「わかれへんっ むりっ!」
   「おえーーっ!」(DISK排出)
BR3「あんぎ”ゃーーーーーーーーーーーっ!!
    これ、これにしかしかデータないのにーーーぃ (T_T)」

保管しているものをチェックすると、エラーが出るで~るデルダの伝説。
はぁ、ざっと50枚くらいですかね?読めなくなっちまったの。いまんとこ。。。
動画データ(ブルーレイディスクの)を大量にロストいたしました(T_T)

光ディスクって、実は寿命があるの。知ってました?
CDも、DVDもみんなみんなです。
思い起こせば、光ディスクとの出会いはハイスクールスチューデントの頃でした。
CDが初めて世に出てまいりまして。
レコード盤の静電気とか、聞きすぎで針で穴が開くとか、
そんなこと、まったく気にすることのない新世界の到来でした。

虹色に刻まれた旋律。それは永遠に変わらぬしらべを奏でる。
いつでも、いついつまでも変わらぬ感動をBR3に与えてくれるだっ!
BR3は虹色に輝く記録面にもうウットリ。
「くそう、黒っちい磁気テープごときとはビジュアルが違うゼ!」
「にくいぜ、このぉ! 光ディスク!」
「惚れたぜ!光ディスク!押忍っ!」
そんな感じで、激しくかんどーした記憶がありますが、

ほどなくして
メーカー「ごめん。さっきのうっそぴょ~ん、CDも劣化しちゃうヨ~ン」
だって。
あぁ、けっきょくこの世に永遠なんてものはないのだ。
青年BR3はがっかりするとともに、人生勉強させていただきました。

さて。話を戻してブルーレイディスク。BD-Rタイプ(一回書き込みできる)のやつです。
BD-Rに関しては記録面が「無機素材」のものと、LTHと言う「有機色素素材」のものの二種類があるのですが、どうやら素材の信頼性、品質から選択すると
「日本製の無機素材BD-R」以外はまったくダメダメ!
で、この製品で選択すると現在パナの製品を選択するしかないという惨状です。

太陽誘電って会社のを好んで使っていたのですが、これはLTHタイプでして、
なんかデータ焼くじゃないですか。そしたら最後に記録した時から、最初に記録したものが消えてます。
注射の時のアルコール消毒みたい。
「記録面を見てると、記録跡がスーーッと消えていくんです!」
いや、ごめんなさい。それは冗談。
つい、勢いで盛ってしまいますた m(_ _)m

でも、そんな勢いでデータが消えます。マジです。
あと90枚の未使用在庫があるんですけどー (T_T)
あっ これ こんな事書いたら問題かな?
まぁいいや、ホントだし。

ガッカリ度、デーヴァダッタ級。
「西暦2013年11月の現時点。BD-Rは保存用ディスクとして運用してはイケません。
 ブルーレイディスクは、ただの一時保存媒体です!」

まぁ、寿命は記録環境や保管環境にも依存しますので、BR3の意見はご参考に。
BD-Rですらこの品質。いわんや焼きこみ出力が低いBD-REとか、2層のBD-R DLとか、絶対手を出さないようがいいですよ。金をドブに捨てると同じ。
きっともうすぐ記録したデータが消えたとか、みんなが騒ぎ始めると思います。
消えるのは、君のせいじゃない!そもそも消えやすいものを作っいるのだ。
こんなもの売るな。記録媒体とは呼べない。
クレームを入れねば。

ちなみに、BR3は書き込みはDIGA、読み込みはブルーレイドライブはパイオニア製の由緒正しいHWを使ってます。

sponsored link

今更ながらインスタはじめました。 BR3のインスタグラム よかったらフォローをお願いします(^^ゞ

Warning: Use of undefined constant version - assumed 'version' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nonnon/br3-sensation.com/public_html/wp-content/themes/wp_material/share.php on line 14

コメント

  • 光ディスクに寿命があるなんて、知りませんでした。
    ショックですねー

    by cyclade €2013年11月9日 12:01 AM

    • cycladeさん、おはようございます。
      あぁ、もうおはようって時間じゃないですね。
      カットに行きたかったのに、いけない。。。。

      そう、ショックです。ショックだポン太くんなんですよ。まったく。
      どこにぶつけていいの?これ、どらまんにぶつけるか。とりあえず。

      by BlackRabbit €2013年11月9日 10:56 AM

  • うちのアカンくなったものは、日本昔話しに出てくる老婆が、ぼろぼろの包丁研いでる?音がしますTT
    見れなくなったものに限って、それ絶対いるやつ~~!!と、悶絶しますTT
    まさか寿命があるなんて思いもしなかった私…在庫過多に怯える店主のようです…–;

    by taityoki €2013年11月9日 10:13 AM

    • taityokiさん、どうもです~

      そうそう、うちも、
      「神様!なぜ全20話のうち、最後の1枚だけが読めないのですか?」
      「こんなどーでもよかったものが救われて、大切なモノから壊れますか?」
      そんなかんじです。
      だれが、見てる?
      みたいな。。。

      by BlackRabbit €2013年11月9日 11:03 AM

  • 寿命?
    そんなのがあるんですか~(* ̄□ ̄*;
    うちもいつそんな風になるのか今から怯える毎日です。
    なんとか防止策か、遅らす方法なんかないものですかね~?(^_^;)

    by momomimi €2013年11月9日 10:26 AM

    • momomimiさん、どうもです~

      ありますよ(^^)
      CD、DVD、ブルーレイメディアによって、こう保管すれば長持ちするみたいなものはあります。
      けど、壊れないものはないですから、大切なモノは、色んな所にコピーをとっておくしかないですね。

      by BlackRabbit €2013年11月9日 11:00 AM

  •  最近、洗濯物に恐怖のカメムシがついてます。 まじ怖いです。
     DVD ブルーレイの事信じてました。
    確認してみなくては・・・ 

     

    by dangosanko €2013年11月9日 4:06 PM

    • dangosankoさん、どうもです~

      こわいですね。カメムシ。
      うちも時々飛んできます(^_^;)

      市販のCDとかDVDとかBDは、物理的に穴をあけるから大丈夫みたいですよ。
      とにかく、手前で焼いたBD-Rは要注意でっせ(^^ゞ

      by BlackRabbit €2013年11月11日 12:33 PM

down

コメントする




関連記事

お知らせ

旅行記

50歳児の日常

韓ドラ 一刀両断!

何デモ 一刀両断!

ひとりごと

画像のない料理教室

スイングしなけりゃ意味がない

サイト運営の備忘録

リスト

未分類



sponsored link

admax

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

ポチって応援する_(._.)_

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村